▶HOMEhttp://www.hamadashokai.co.jp/http://livepage.apple.co.jp/shapeimage_3_link_0
 

防波堤の際や、捨て石周り、テトラポッドの穴を次々と探りながら

シンプルな仕掛で根魚を狙う、かんたん穴釣り・際釣り入門

誰でもかんたん!
穴釣り・際釣り入門
対象魚

ターゲットはカサゴ・アイナメ・ソイ・メバルなど、海

底の捨て石や岩の隙間、テトラの穴に生息している根魚

がメイン。釣りシーズンは、ほぼオールシーズンを通し

て楽しめます。メインターゲットのカサゴやアイナメは

一年中狙えますので、釣り物が少ない寒い時期でもポイ

ントを探し当てれば、釣りを楽しむことができます。

穴釣りは…

テトラポッド・捨て石のくぼみや穴を次々と探りながら

物陰に潜んでいる根魚を釣り上げます。

仕掛は「ブラクリ仕掛」と呼ばれるオモリと針が一体化

した専用の仕掛を使用します。

狙った穴に直接ブラクリを落し込みながら、ダイレクト

に魚を釣り上げるのが魅力です。

際釣りは…

堤防際の継ぎ目や壁際などを、穴釣りと同様に次々と探

りながら、壁際の海藻やくぼみに潜むターゲットを探しながら釣り上げます。仕掛はブラクリ仕掛や胴突仕掛を

使用してください。

カサゴ・アイナメ・ソイ・メバル・他
エサ

虫エサ(アオイソメ等)・活きエビ

魚の切り身(サンマ・サバ)・オキアミ

ポイント

〈穴釣りの場合〉

テトラポッドの穴や防波堤の捨て石周り

〈際釣りの場合〉

防波堤や港内の壁際・捨て石周り

虫エサや活きエビなどのエサを針に付けます。

針への付け方は、虫エサの場合は通し刺し(頭側から針を通して胴体部分で抜いて針先を出す)で、エサの

長さはエサが大きい場合は針から4〜5センチほど残るように切ります。

エビエサの場合は、尻がけ(尻尾から針を通して胴体部分で抜いて針先を出す)や、尻尾に針先だけを掛け

るチョン掛けでもOKです。


エサを付けたら仕掛けを狙った穴(テトラポッド同士の隙間)に向けて投入します。

リールのクラッチを切り、スルスルとテトラの隙間から海底に向けて仕掛を落としこんでいきます。

竿先にコツンと伝わり、糸が止まったら着底しているので、クラッチを戻して、少し竿を持ち上げて、魚の

アタリを待ちます。

基本的には底にいる魚を狙う釣りなので、底から大きく離れてしまうとアタリは遠のいてしまいます。

できるだけ底ギリギリに仕掛の針があるのをイメージしてください。


狙った穴に魚が潜んでいれば、ググンッとアタリがありますので、竿先を持ち上げて穴から魚を引き出して

釣り上げてください。

アタリがなければ、次々と移動して魚がいる穴を探していくのが重要です。アタリがない穴では粘らず、次

のポイントへ移動してください。


この釣りは、根がかりが非常に多いので、予備の仕掛は十分に準備してください。また、アタリがあると同

時に、魚が穴に潜って出てこなくなる場合も多いです。こんな場合は無理をして引っ張らずに、少しそのま

ま糸をゆるめて待っていると、魚が穴から出てくる場合もあります。


穴釣りはテトラポッドでの釣りが多いため、服装には十分注意してください。すべりやすいサンダルや靴で

は転倒や落水につながり、大けがをする原因にもなりますので、しっかりと準備をしてください。

また、テトラポッドの形状によっては危険な場所もたくさんありますので、無理をせず、安全に楽しめるポ

イント選びを心掛けてください。

穴釣りの釣り方

リールのクラッチを切り、糸がフリーに出るようにします。(レバーで切り替えるタイプもあります)

根元のガイドリングから順に、トップガイド(穂先)へ向かって釣糸を通していきます。

(ガイドリングの通し忘れにご注意ください)

注意:リールの糸を出す際には、バックラッシュ(リールの釣糸がゴワゴワになり絡まった状態)に

   ご注意ください。勢い良く糸を引き出すと、リールが空回りを起こし、バックラッシュで糸が

   引き出せなくなります。

両軸リールの場合は、釣竿の上側にリールがくるように、竿に取り付けます。

リールは外れないように、しっかりとガタツキがない状態で取り付けてください。

釣竿のセッティング手順
必要なもの
タックル&仕掛図

ブライティー

テトリスタ

テトラ穴釣りセット

オススメのタックル

プリズムテトラセット

際釣りの釣り方

基本的な流れは穴釣りと同じですが、狙うポイントは防波堤の際や底付近になりますので、防波堤の壁際を

探りながら、魚のアタリを探していきます。


エサを付けたらリールのクラッチを切り、 仕掛けを壁際ぎりぎりに海底に向けて仕掛を落としこんでいきます。竿先にコツンと伝わり、糸が止まったら着底しているので、クラッチを戻して、少し竿を持ち上げて、魚のアタリを待ちます。


また、防波堤の底には捨て石と呼ばれる石積みが沈んでいますので、この捨て石の隙間にも魚は潜んでいま

す。その他、防波堤のつなぎ目にある隙間にも潜んでいる場合がありますので、色々と探りながら魚の居場

所を探してください。


穴釣りと同様、アタリがなければ、次々と移動して魚がいる場所を探していくのが重要です。アタリがない場所では粘らず、次のポイントへ移動してください。


この釣りは、テトラの穴釣りよりは足場が良い場所が多いですので、お子様やファミリーフィッシングには

こちらの際釣りをオススメします。

また、根魚は非常に美味しい魚が多いです。家族みんなで、美味しいお土産を狙ってゲットしてください。

●釣り禁止・立ち入り禁止の場所では絶対に釣りをしないでください。

●釣糸や釣針などは捨てずに、釣場で出したゴミは必ず持ち帰りましょう。

●安全の為、釣場では必ずフローティングベストを着用しましょう。

●仕掛を投入する際には、必ず後方や周囲の安全を確認しましょう。

●隣の釣り人との間隔は十分にとり、後から入る場合は挨拶を心掛けましょう。

 無理な割り込みはトラブルの原因となりますので十分注意してください。

●毒のある魚を釣り上げた際には、触らないように注意してください。

釣りを楽しむためのマナーと注意点

釣り入門トップページへ戻る

!ハオコゼに注意! 

見た目が小さなカサゴに似ていますが、強い毒をもった毒魚です。

釣れた時には絶対に触らないように注意してください。

▶HOMEhttp://www.hamadashokai.co.jp/http://livepage.apple.co.jp/shapeimage_21_link_0

▶穴釣り・際釣り