▶HOMEhttps://www.hamadashokai.co.jp/http://livepage.apple.co.jp/shapeimage_3_link_0
 

エサを使わずに近郊の防波堤や港から手軽に楽しめる!

初めてのルアー釣り入門にオススメのソルトライトゲーム入門

誰でもかんたん!
ソルトライトゲーム入門
対象魚

ターゲットはメバル・アジ・カサゴ・サバ・カマス・セ

イゴなど、30センチくらいまでの小型魚がメイン。

防波堤や港の中など足場の良い場所から手軽に狙えるの

で初めてのルアー釣りに最適です。

釣りシーズンは、シーズンによって狙える魚種が変わり

ますが、ほぼオールシーズンを通して楽しめます。

アジやサバなどの回遊魚は、春から晩秋までターゲット

が回遊している間がシーズンですが、メバルやカサゴな

どは一年を通して楽しめますので、多魚種が楽しめるの

も魅力の一つです。

ソルトライトゲームは…

ワームなどのルアー(疑似餌)を使って、小型の魚を狙

うルアー釣り入門に最適な釣り方です。

エサを使わないので、エサを触るのが苦手な方や、手が

汚れにくいので臭いが気になる方にもオススメです。

また、いつでも釣りに行きたい時に行けるのも大きな魅

力です。

メバル・アジ・カサゴ・サバ・他
ルアー

ジグヘッドリグ(ジグヘッド+ワーム)

ポイント

防波堤・港内・釣り公園など

ガイドリングが一直線になるように、穂先と元竿を継ぎます。

リールのベールを起こし、根元のガイドリングから順に、トップガイド(穂先)へ向かって

釣糸を通していきます。(ガイドリングの通し忘れにご注意ください)

注意:リールの糸を出す際には、必ずベールを起こしてから糸を出してください。

   ベールを起こして糸を出さないと、巻き取りができませんのでご注意ください。

ガイドリング全てに釣糸が通し終わったら、リールのベールを元の位置に戻して、ラインローラー

に糸が通っていることを確認してください。

スピニングリールを竿に取り付けます。(ガイドリングが下向きになるように取り付けてください)

リールは外れないように、しっかりとガタツキがない状態で取り付けてください。

釣竿のセッティング手順
必要なもの
タックル&仕掛図

ライトエースアジメバル

プロフィットLTセット

レジェスタアジングセット

オススメのタックル

レジェスタメバリングセット

▶HOMEhttps://www.hamadashokai.co.jp/http://livepage.apple.co.jp/shapeimage_17_link_0

▶ソルトライトゲーム

投げ方(オーバーヘッドキャスト)

※右手で投げて、右手でリールを巻き取る場合(リールは右ハンドルを使用)

① 右手のなか指とくすり指の間で竿を握ります。

② 釣糸を右手のひとさし指にかけ、糸を指先に

かけたままで、左手でリールのベールを起こしま

す。かけた糸をはなすと糸が出てしまうので注意

してください。

③ リールを真上に、竿先を後方に向け、ルアーを

50cmほど垂らした状態で竿を振りかぶり投入しま

す。釣糸を指から放すタイミングは竿先が頭上から

肩を過ぎたあたりで釣糸を放します。軽いルアーの

場合は、竿の穂先のしなりを生かして、コンパクト

に投げると投げやすいです。

④ ルアーが海面に着水すると、狙いたい水深まで

ルアーを沈ませます。

⑤ 狙いたい水深までルアーを沈ませたら、ベール

を戻して、竿を左手に持ち替え、右手でハンドルを

回せば釣糸が巻き取れます。糸を巻くときは、釣糸

がたるまないように注意して巻いてください。

ルアーを投げる際の注意点

ルアーの投入時には、必ず後方を確認し、周囲に

人がいないかどうか、車などの乗り物が近付いて

いないかどうかを確認してから投入してください。

針やオモリが当たると大きな事故につながります

ので十分ご注意ください。


投入後にいつまでもリールから釣糸が出るときは、

風や潮に流されている場合があります。そのまま

糸を出し続けると、周囲の人と絡んだり、根がか

りをする原因となりますので、糸の出る量には注

意してください。


特にライトゲームはとても軽いルアーを使用する

ので、風が強い日などはジグヘッドの重さを調整

して使用してください。

釣り入門トップページへ戻る

ロッド(釣竿)

ソルトライトゲーム専用ロッド/全長6.0〜7.6フィート(約1.8〜2.2m)

穂先がソリッドタイプのものは、食い込みがよく、バラしにくいのでオススメです。

アジング用・メバリング用と分かれているものもありますが、アジングロッドの方が竿に少し張りがあり、

キャストがしやすいモデルです。

メバリングもしくは汎用タイプのものは、魚がかかると全体にしなり、小さな魚でもかかりやすく、巻き

取る際にも、魚がバレにくいモデルが多いです。


リール

小型スピニングリール/1000番〜2000番サイズ

リールを選ぶ際には、使用するライン(釣糸)の太さに合ったサイズを選びます。

使用するラインが100〜150mほど巻けるサイズのものが適しています。


ライン(釣糸)

ナイロンラインまたはフロロカーボンライン 3〜6LB(ポンド)…約0.8〜1.5号

初めての方はナイロンラインの3〜4LBがオススメです。


ジグヘッド

アジング・メバリング用のライトゲーム用ジグヘッド 1〜3g

ジグヘッドは、オモリとフック(針)が一体となった、ワームを刺して使用するフックです。

使用する重さは、1〜2gを基本として、狙いたい水深・風の強さ・海中の潮の流れによって重さを調整し

ます。

ただし、1gのジグヘッドはとても軽いので、投げにくい場合は少し重めの2〜3gを中心に、深い場所や海

底付近を狙いたい場合は重く、水面や表層近くを狙いたい場合は軽くする等、シチュエーションによって

サイズを調整してください。


ワーム

アジング・メバリング用のライトゲーム用ワーム 1.5〜2.5インチ

ワームはサイズ・カラー・形状がとてもたくさんあり、どれが良いか悩んでしまいますが、細長い形状で、

長さが1.5〜2.5インチのものが適しています。

カラーは目立つ色(チャート・オレンジ・ピンク系)とナチュラルな色(クリアー系)とグロー(夜光)

カラーの中から数種類、お好みのカラーを選んでください。

使用するタックルについて

●釣り禁止・立ち入り禁止の場所では絶対に釣りをしないでください。

●釣糸や釣針などは捨てずに、釣場で出したゴミは必ず持ち帰りましょう。

●安全の為、釣場では必ずフローティングベストを着用しましょう。

●仕掛を投入する際には、必ず後方や周囲の安全を確認しましょう。

●隣の釣り人との間隔は十分にとり、後から入る場合は挨拶を心掛けましょう。

 無理な割り込みはトラブルの原因となりますので十分注意してください。

●毒のある魚を釣り上げた際には、触らないように注意してください。

釣りを楽しむためのマナーと注意点
ソルトライトゲームの釣り方

まず、ジグヘッドをラインに結めばセッティングは完了です。

とてもシンプルな仕掛なので、初心者の方でもかんたんにセットできます。


次に、ジグヘッドにワームをセットします。

注意する点は「まっすぐ、曲がらないように刺す」のがとても重要です。

コツとしては、ワームの頭からフックを刺すのですが、どの位置からフックを抜き出すのかを、ワームに

ジグヘッドを乗せて、あらかじめ位置を決めてから刺すと失敗しにくいです。

また、フックの型に沿ってワームが曲がってしまう・ななめに曲がっていると安定して泳がないので、

ワームの中心にある貼り合わせの線から抜き出すように、ワームをまっすぐセットしてください。


狙う時間帯ですが、良く釣れるのは夜間帯です。

足場の良い堤防や港内の常夜灯などがある場所が釣りやすく、投げやすいです。

(夜間の釣りは必ずヘッドライト等のライト類を準備してください)

明るい時間帯でもカサゴやカマスなどはヒットしますが、アジやメバルは暗い時間帯の方がヒット率は高

いですので、フローティングベストやヘッドライト、足回り等、しっかりと準備をした上で、安全を心が

けて楽しんでください。


ワームがきれいにセットできたら、まずは表層付近を中心に探っていきます。

ジグヘッドは狙いたい層まで沈めて、ゆっくりと「ただ巻き」で魚のアタリを探していきます。

※「ただ巻き」は、リールを巻くだけで、竿先は動かさずにルアーを泳がせる釣り方です。

リールを巻く際には、竿先は海面に向けて、穂先が下向きになるように巻いてください。


巻くスピードの目安として、1秒間にリールのハンドルが1回転するぐらいのスピードで巻きます。

使うジグヘッドのサイズや、水面〜表層付近・中層〜底層付近を狙う場合などで巻くスピードを調整しな

がら、魚のアタリがある層を探っていきます。


表層付近から少しずつ深くなるように、ジグヘッドを沈ませて探るのですが、落とす秒数を数えながら

(カウントダウン)釣ることによって魚のいる層を見つけ、アタリがあればその層を集中的に狙います。

魚のアタリは、竿先に「コツッ!」「ブルブルッ!」と明確に分かりますので、アタリがあれば竿先を少

し引いて、ブルブルと続けて引くようであれば、魚がフッキングしています。

なかなかフッキングしない場合は、アタリがあればひと呼吸おいて、ゆっくりと竿先を動かし、食い込む

タイミングを探しながら、食い込ませます。


フッキングした後は、 リールの釣糸がたるまないように、引きを楽しみながら取り込んでください。

急いで巻き上げると、針が外れる場合がありますので注意してください。