▶HOMEhttps://www.hamadashokai.co.jp
 

誰でも手軽に美味しい高級魚が狙える人気の海上釣堀!

ファミリーやグループフィッシングにオススメの海上釣堀入門

誰でもかんたん!
海上釣堀入門

レディアス海上釣堀

対象魚

マダイ・シマアジ・ブリ・カンパチ等の高級魚が手軽

に狙えて、釣った後は持ち帰って食べる楽しみも味わ

える、ファミリーやグループに大人気の海上釣堀!

お子様から女性、年配の方まで、初心者、ベテラン問

わずに幅広い層の方々が楽しめる、海上釣堀の仕掛、

釣り方、一般的なルールをご紹介します。

ベイクルー海上釣堀

アストレイ海上釣堀

ベルーガ海上釣堀

マダイ・シマアジ・ブリ・他
タックル&仕掛図
エサ
必要なもの

ダンゴエサ(練り餌)・オキアミ

エビ(冷凍エビ・むきエビ・活きエビ)

魚の切り身(サバ・イカ等)・キビナゴ

虫エサ(アオイソメ・イシゴカイ等)

※活きエサ(アジ・ウグイ/青物狙いに)

釣竿のセッティング手順

トップカバーを外し、リールを竿に取り付けます。

リールは外れないように、しっかりとガタツキがない状態で取り付けてください。

(外したカバーは紛失しないように注意してください)

リールのベールを起こし、根元のガイドリングから順に、トップガイド(穂先)へ向かって釣糸を通して

いきます。(ガイドリングの通し忘れにご注意ください)

注意:リールの糸を出す際には、必ずベールを起こしてから糸を出してください。

   ベールを起こして糸を出さないと、巻き取りができませんのでご注意ください。

通し終わったら、トップガイドから順番に竿を引き出し、竿とガイドリングをしっかりと固定し、

リールのベールを元の位置に戻して、ラインローラーに糸が通っていることを確認してください。

釣り方

■釣りたいタナを決める


ウキ釣りでは狙いたい水深(タナ)を決めてから投入します。

ウキ下(タナの深さ)は、ウキ止め糸(ウキ止めゴム)の位置で調整します。

海上釣堀はイケスの中に網を張って魚を泳がす構造なので、網の底がどれくらいの深さかを測るためには、

「棚取りゴム(棚取りオモリ)」と呼ばれるアイテムで水深を測り、任意のタナを決めます。


棚取りゴムをセットした状態で仕掛を投入し、ウキが沈む場合はウキ下が浅すぎますので、ウキ止めの位置

を調整、ウキが立たない場合は、水深より深い位置にウキ止めをセットしていますので、ウキが立つ位置に

くるように、ウキ止めを調整してください。


ウキカラマンはウキと仕掛が絡むのを防いでくれますので、クッションオモリの上側のサルカンからウキの

全長より長くなる位置に固定してください。


■仕掛を投入する


タナが決まれば、針にエサを付けて仕掛を投入します。 仕掛が着水してウキが立つまでは、リールの糸を出

して、仕掛が安定するのを待ちます。 水中に仕掛がなじめばウキが立ちますので、ウキが立ったら魚のアタ

リが出るまで、ウキの動きに注意して待ちます。


アタリはウキがツンツンと小刻みに動くのは前アタリなので、アワセを入れないでじっくりと待って、ウキ

が水中に沈んだタイミングで竿をあおってアワセを入れてください。

魚が掛かればリールを巻いて魚を取り込んでください。リールを急いで巻くと魚が外れる可能性があります

ので、慌てず魚の動きに合わせてリールを巻いてください。

魚が突っ込む動きの時は、無理にリールを巻かずにグッと耐えて、巻けるタイミングでリールを巻きながら

海面まで魚を浮かせてきます。


魚が浮いてくれば、玉網(釣堀に準備していることが多いです)ですくって魚を取り込みます。

網を使わず無理矢理に竿だけで持ち上げようとすると、竿が破損したり、糸が切れたりするトラブルの原因

となりますので、取り込む際には必ず玉網を使用して取り込んでください。


■エサのローテーションや誘いについて


海上釣堀のエサは多種多様な種類があり、どのエサが当たるのかを探しながら釣る楽しみもあります。

ファミリーやグループ内で色々なエサを試してみるのもいい方法ですので、数種類のエサをローテーション

しながら、魚の反応を探してください。

また、アタリが遠い場合には、狙っているタナを調整したり、軽く誘いを入れるのも効果的です。


■エサの使い分け


マダイ・シマアジ狙いには定番のダンゴエサをメインに、オキアミやエビ等が効果的です。

ブリ・カンパチ等の大型青物狙いには、魚の切り身やアジやウグイ等の活きエサを泳がせて使用します。


■海上釣堀のルール・マナー


海上釣堀は各釣堀によってシステムやルールが変わりますので、行き先の釣堀のホームページ等で詳しい

情報を収集して確認してください。

料金体系も「釣り放題式」「買い取り式」等、釣堀によってシステムが異なります。また、持ち込める竿の

本数、エサの有無、 玉網やスカリの有無、 レンタルタックルの有無、トイレ、駐車場、釣り方の制限など、

行き先の釣堀に事前に確認してから準備をしてください。


初めて利用する場合は、釣堀のスタッフの方などに声を掛け、レクチャーを受けるのもステップアップの近

道です。また、グループでイケスを貸し切る場合や、他の釣り客と同じイケスで釣る場合などでも、周囲に

声を掛け、迷惑が掛からないよう、お互い気持ち良く釣りができるようにマナーを守って楽しんでください。

投げ方(仕掛の投入)

※右手で投げて、右手でリールを巻き取る場合(リールは右ハンドルを使用)

① 右手のなか指とくすり指の間で竿を握ります。

② 釣糸を右手のひとさし指にかけ、糸を指先に

かけたままで、左手でリールのベールを起こしま

す。かけた糸をはなすと糸が出てしまうので注意

してください。

③ 仕掛を垂らした状態で軽く竿を振り上げ、仕掛

を投入します。仕掛の全長が長いので、穂先への絡みに注意して、仕掛を投入してください。

④ 仕掛が着水したら、ウキが立つまで糸を出しま

す。ウキが立てばベールを戻します。

⑤ ベールを戻した後は、竿を左手に持ち替え、右

手でハンドルを回せば釣糸が巻き取れます。糸を巻

くときは、釣糸がたるまないように注意して巻いて

ください。

仕掛の投入時には、必ず後方を確認し、周囲に人

がいないかどうかを確認してから投入してください。針やオモリが当たると大きな事故につながり

ますので十分ご注意ください。


投入後にいつまでもリールから釣糸を出し続けると、周囲の仕掛と絡むトラブルの原因となります

ので、糸を出す量には注意してください。

投げる際の注意点
釣りを楽しむためのマナーと注意点

●釣り禁止・立ち入り禁止の場所では絶対に釣りをしないでください。

●釣糸や釣針などは捨てずに、釣場で出したゴミは必ず持ち帰りましょう。

●安全の為、釣場では必ずフローティングベストを着用しましょう。

●仕掛を投入する際には、必ず後方や周囲の安全を確認しましょう。

●隣の釣り人との間隔は十分にとり、後から入る場合は挨拶を心掛けましょう。

 無理な割り込みはトラブルの原因となりますので十分注意してください。

●毒のある魚を釣り上げた際には、触らないように注意してください。

釣り入門トップページへ戻るtsurinyumon.html
オススメのタックル

印のアイテムは、

 あれば便利です

▶HOMEhttps://www.hamadashokai.co.jp

▶釣り入門tsurinyumon.html

▶海上釣堀